顔脱毛をするにあたって

女性にとり顔は一番大事な、そして一番きれいにしたいところですね。そのためにも「顔脱毛」を考えてみましょう。顔には、産毛が沢山生えています。その産毛があるせいで、お化粧のノリが悪くなると、多くの方は実感していることでしょう。また、産毛のために、表情が暗くなる人もいます。また、女性でも鼻の下に髭が生えてしまったままの方を時折見かけます。何とかしたいものですね。そこで顔の脱毛です。顔の脱毛も、他の箇所同様に、医療機関と脱毛サロンで行ってます。ただ、特に顔に関しては、威力の強い医療機関のレーザー施術は遠慮したほうが無難でしょう。万一シミや火傷などが顔に出来てしまったら困ります。やはり、弱い威力の光脱毛で、優しいく脱毛をしていく方が安全ですからおススメします。さて、脱毛サロンで顔脱毛をするにあたって、注意したいことがあります。それは鼻下部分の脱毛です。鼻の下は、定期的に自己処理をしないと、濃い産毛が目立ちやすくなる部分です。この部分の脱毛は、技術力の優れたスタッフが在籍しているサロンで行いたいものです。痛みも少なく綺麗に除毛することができます。また顔の脱毛コースに、ちゃんと鼻の下の部分を組み入れているかどうか、事前に確認をしましょう。もちろん料金もチェックしてください。鼻の下だけ別料金を設けているサロンもあるのです。また、顔の脱毛をする場合、アフターケアをしっかりとしてくれるサロンを選びましょう。顔は特に乾燥をする場所です。施術後は特に乾燥します。そんな顔に対してしっかりと潤いを与え、美肌に導いてくれるサロンが理想なのです。もう一つ注意したいのが、日焼けをしないとうことえす。紫外線によって日焼けをしていると、光脱毛器の光線がメラニン色素に過剰に反応して、火傷を起こす可能性があるのです。ですから、紫外線が強くなる春から夏にかけては脱毛を避けるのがいいでしょう、これから顔脱毛を始めようとするならば、出来れば秋から冬に始めるといいでしょう。

あなたはムダ毛の処理をどうしていますか。自分でカミソリや、毛抜きなどで行っていませんか。もし、そのような方法で脱毛をしているならば、直ぐにでも止めた方がいいですよ。肌をキレイにしたいならば、尚更です。確かに、カミソリや毛抜きなどで、ムダ毛の処理をすれば、費用は掛かりません。また手軽に出来ることでしょう。しかし、その処理のしかたは、肌を大変傷めます。時に赤く腫れてしまうこともあります。剃った後の生え始めなどは、ジョリジョリして痒くなることもあるでしょう。出来ることならば、脱毛サロンでの脱毛をおススメします。その道のプロの方が、丁寧に、肌を守りながら、脱毛をし、また美肌に導いてくれます。ただ、費用の方は、勿論カミソリのようにはいきません。ある程度の出費が覚悟しなければいけません。それは出来ないとうかたには、家庭用の脱毛器の使用を考えてみてはどうでしょうか。脱毛サロンに通う事を考えれば、随分安価に脱毛が出来ます。勿論予約をする必要などありません。手軽に自分の空いた時間に出来ます。最近の家庭用の脱毛器は、かなり性能もよくなってきています。ただ、脱毛サロンの機器のような威力はありませんから、効果のほどはそれほどありませんから、何度も脱毛をすることが必要になるでしょう。こうしてみると、脱毛サロンに通うメリットもあれば、逆にデメリットもあるようです。そして家庭用脱毛器に関しても同様に、メリットとデメリットがあります。どちらにすればいいのか。2つの方法を比べてみるといいでしょう。

まずは脱毛サロンのメリットです。先ほども述べましたが、しっかりと研修を受けた技術の高い脱毛のプロのスタッフが施術をしてくれますから、美しく仕上げてくれます。もちろん、自分では見えにくい背中ややうなじなどの部分も綺麗に処理してくれます。また、アフターケアも万全ですから、脱毛だけでなく、美肌にもなることが出来ることでしょう。ではデメリットです。やはり料金でしょう。特にコースの契約をすると、高額なお金が必要になります。更には、全身脱毛となると20万円前後かかってしまいます。このように、費用に関しては、ハードルが高いかも知れませんね。

では、家庭用脱毛器のメリットです。これも先ほど挙げましたが、費用が安いという点でしょう。一度購入すれば、あとは電気代くらいしか必要ありません。だいたい、7~8万円程度で購入できます。家庭に1台あれば、家族全員が使えますから、かなり経済的と言えるでしょう。また、家庭で好きな時にできますから、脱毛サロンに通うような、予約も勿論必要ありません。この手軽さもメリットでしょう。更に、最近の家庭用脱毛器は威力は確かに弱いですが、大変優れています。サロンの施術の効果に近づいてきています。これらがメリットと言えるでしょう。ではデメリットです。脱毛器は自分で行います。ですから、自分の見えない部分、背中やうなじなどの処理には、難点があります。鏡を見ながら処理をするには、限界があります。キレイに仕上げるのは難しでしょう。また、もしも肌トラブルや火傷を引き起こしても、自分で解決しなければなりません。
このように、どちらもメリットもあれば、デメリットもあります。選ぶのは、あなた自身です。自分に合った方を選びましょう。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>